理念講座開催しました

理念なくして成功なし!起業の目的を明確化しブレない軸となる、“世界にひとつのあなたの理念”をつくる講座

この記事を書いた方
あんしん子育てコーチの川井道子

 自身の子育てに悩んだ経験からコーチングを学び、約20年、講座やセッションなどでお母さんのサポートをしてきました。さらに、元々ライターでもあるので、その「好きで得意なこと」を生かして、個人起業家さんたちのライティングサポートもしています。今回は、ご縁があって白川かおり先生の講座の再現ルポに挑戦させていただきました。

 ちなみに私の理念は、「あんしん子育てを広めて幸せな親子をふやし、みんなで子育てを支え合う社会をつくる」です。これもかおり先生の理念講座でつくりました(笑)。みなさんにも、この講座をプチ体験していただけたなら幸いです。

あなたの理念を見つけるために、大切な「3つのポイント」

 ビジネスをスタートする時、まず大切なのは「理念」を掲げることです。お客さまから信頼され、感謝され、応援されるための一歩は「理念に共感されること」だからです。商品づくりや売り方をあれこれ考えるだけではビジネスは続きません。

 理念は最初に決めたらずっと変わらないもの、と思っている方もおられるかもしれませんね。でも、理念って変わっていいのです。なぜなら起業家もどんどん学び、多くの人に会うほど意識も変わっていくからです。実際、相馬さんも以前とは変わっています。ただし、毎月コロコロ変わるのはありえないですよ(笑)。変化のタイミングを見て、どんどんブラッシュアップしていきましょう。

 理念を決める時には、次の3つのポイントが欠かせません。というか、この3つがないとビジネスが続きません。

  • あなたが応援したい「誰」を決める
  • あなたが提供できる「好きなこと」を決める
  • 「どんな状態にするか」を決める

今日は、この3つを順番に明確にして理念をつくっていきますが、その前に必ずしていただきたいことがあります。それは“検索”です。ここで同業者や先輩、目標となる会社などが、どんな理念を掲げているか検索してみてください。

みなさん、意外とググらないんですよね。例えばどんな理念か、どんな講座か、どんなお客さまが来ているのか…、わかることはいっぱいあります。ところが同業者をしっかり調べる人は少ない。でもね、お客さまは同業者を調べ、比べてるんです。

自分の小さな脳みその中だけで考えていても、枠や限界があってなかなか広がりません。何かを考えたり作ったりする時は、必ず検索する習慣をつけて欲しいなと思います。

あなたが応援したいのは「誰」具体的でリアルな一人を決め

 最初は「誰」を決める、です。私も、いつも相馬さんに聞かれてきたんですよ。「白川さんは誰を幸せにしたいの?」って。理念にする際は、大きなくくりで「社会」や「地球」もいいんですけれど、ここでは「人間」にしてくださいね(笑)。あなたがビジネスをやりたいのなら、まずは実際に商品を通して幸せにできる人、商品に喜んでお金を払ってくれる人を決めなくてはなりません。

 さらに、よく言われる「40代女性」や「お母さん」などの漠然とした大勢ではなく、できるだけ具体的な「たった一人」をイメージしてください。「40代女性」と言われても、誰も「あ、自分のことだ」とは思いません。過去の経験で、喜んでもらえて嬉しかったこと、応援したいと思った体験などから考えるのもいいでしょう。その“一人”が喜んでくれたら、2人目、3人目へと広がっていきます。

 私が代表をしている「日本WEBセレブ協会」の理念は、

「一生涯働くITスキルで利他を追い求め挑戦する仲間を増やす」

です。実は私の父は脳卒中で半身不随になり、仕事に就くことができなくなり、自ら命を絶ちました。重ねて兄も事故で目が不自由になり国のお世話になっています。社会貢献をしたいと頑張れどできる仕事がありません。でも今の時代、視力が弱くてもパソコンができれば自宅で仕事ができます。「好きな仕事で生涯働ける世の中をつくりたい」「挑戦する仲間たちを増やし、支えていきたい」、そんな世界をつくりたくて協会を立ち上げました。私の理念は父や兄への思いが形になったものです。

あなたが提供できる「好きなこと」は何ですか?好きで得意なことが魅力ある仕事にな

 次に、あなたが「好きで得意なこと、お客さまに提供できること」をあらためて考えてみましょう。もう少し具体的に言うと、

・気がついたら誰よりも知識があったもの

・知らず知らず経験を積み重ねてきたもの

・過去の悩みや劣等感を克服した方法

・人の目を気にすることなく大好きなこと

・いつもなぜか考えてしまうこと

・特別なこだわりがあるもの

などがヒントになるかもしれません。そんな「好きで得意なこと」をお客さまに提供し、役に立ったり、喜んでいただくことができれば、それが仕事になります。

 好きなことは仕事にならない、という方がいますが、それはまだ「趣味のレベル」だからではないかと思います。好きなことをビジネスにしてお金をいただくには、「プロのレベル」と責任が必要です。そこは心しておかなくてはなりません。つねにお客さまに喜んでもらうことをひたすら考え、スキルや知識、経験を磨き、その方を幸せにする覚悟を持つ人が、成功する人です。

 私の場合、とにかく字がヘタで見せたくなかったのでパソコンを活用していたら、誰よりもパソコンが好きになり教えるレベルになりました。そして、パソコンの声が聞こえるようになったんです(笑)。この「好きで得意なこと」を使って、生涯働きたい人を応援していこうと決めたわけですね。

 ちなみに、「今の会社がイヤだから辞めて起業する」や「やりたいことがないけど、とにかく何かで起業したい」なんていうやり方は100%うまくいきません。心から好きな、本当にやりたいことを通して「誰かを幸せにしたい」という思いこそが、ビジネスの軸となり原動力となるのです。

あなたが好きなことを生かして、その人を「どんな状態に」したい

 最後は「どんな状態にするか」を決めます。ひとつめのポイントである「具体的な一人の人」は、どんなことをどんなふうに悩んでいますか?どんな課題を抱えていますか?それを、あなたはどんなふうに解決し、どんな状態にしたいですか?いまの想いを言葉にしてみましょう。 

 すでに決めた「誰」と「好きなこと」も踏まえながら、「どんな状態にしたいか」を、みなさんに少しシェアしていただきましょう。

・ぱこちゃん

不登校の幼児さんや小学生に悩むお母さんの不安を解消して、安定したメンタルを手に入れていただき、自らの道を選択できる子どもを育てられるようになって欲しい。さらに信頼関係で結ばれた、お互いの距離感のわかる親子になって欲しい。そんな状態が理念の柱ですね。

・のりちゃん

目指す状態は3つあって、自分の存在を喜びを持って実感できる女性になって欲しい。女性が笑顔で活躍できる社会に貢献したい。自分の才能を信じ、自分の人生を誇りを持ってデザインするようになって欲しい。これを理念にするとどうなるか、考えてみます。

・さっつん

自分が大好き!と自己肯定できる人が世界にたくさん増えて欲しい。理念は「人が墓場まで持っていこうとしているグレーな思いや心にかかった雲を、生きている間に分かち合って、すっきりと晴れやかに生きていくお手伝いをすること」かな、と思っています。

・かのんさん

自分自身の心の声に正直に、本当にやりたいことや本当の喜びに目覚めて生きる女性をたくさん増やしたい。理念として言葉にするのはまだまだという感じです。

・マダム

パートナーに応援されて集客できる起業家さんを増やしたい。もちろん、自分自身も仕事にやりがいを感じて挑戦していく、また、いくつになってもおしゃれを楽しんでイキイキとしていて欲しい。これらを理念としてまとめてみたいと思います。

3つのポイントを入れ込みながら、あなたの想いを「理念」に凝縮させ

 ここまでで決めた「誰を」+「好きなこと」+「どんな状態にするか」をひとつの文章にまとめます。

・〇〇な社会にする

・◯◯な社会をつくる

・◯◯の仲間をつくる

・◯◯に貢献する

などが一例ですが、最初に検索して「いいな」と感じた事例を参考にしてもいいですね。とはいっても、理念を決めるのはそんなに簡単なことではありません。ここはあまりガチガチに考えず、とりあえず書いてみましょう。最初にも言ったように、理念はどんどんブラッシュアップしていけばいいのです。どれが正解というのもありません、でも「腹の底から納得するもの」を見つけてください。

最後に理念が決まったら、ぜひして欲しいことをお伝えします。それは見えるところに飾るということ!仕事場の壁でも、手帳でも、いつも目に入るようにして、できれば仕事前にちゃんと読み上げましょう(笑)。だから仕事をするんだ、だからこれをやるんだ、と毎日腑に落として欲しいんです。人に説明する時も、暗記して言えるようにしっかり落とし込んでいてくださいね。これが「何のために、私はこの仕事をしているのか」という“ビジネスの軸”になります。

<参加者のご感想>

ぱこちゃん(神崎和音さん)心理セラピスト

理念はまだ荒削りですが、「子どもが自発的に行動する子育てができるお母さんを増やす」です。みなさん志の高い方ばかりで、自分もとても集中して取り組むことができました。やっぱり環境って大事!きょう、福岡から来てすごい良かったです。

のりちゃん(山本紀乃梨子さん)ビジネスマインドコーチ

私の夢は「自分らしい働き方をデザインする女性のロールモデルになること」、そして理念は「自分の才能を信じ、未来を誇りを持って、目を輝かせながらデザインできる女性を増やすこと」です。限られた時間の中で、みなさんと一緒に集中して理念づくりができました。こうして言語化し、ダイレクトな反応をもらえたのもありがたかったです。

さっつん(吉田五月さん) 「40代からの人生の地図の描き方」講師

理念はまだ完成していないんですが、この講座で自分の中のいろんな考えを出していった結果、これまで考えていた理念が「どうも違うな」と気づけたことが大きな収穫でした。みなさんから褒めていただいた「アイラブミーの法則」という言葉を軸に、前向きに進んでいこうと思います。

かのんさん 魔法の質問認定マスター

私、文章にするのが苦手なのですが、みなさんからの刺激をいっぱいもらって言葉にすることができ、いまは「本当の喜びに目覚めて生きる女性、仲間を増やしたい」とまとめました。しっかりと実績のある方々のお話を伺えたことも糧になったなと思っています。これからさらにどう生かすか、考えていきたいです。

マダム(堂柿美保子さん) オンライン集客の学校準認定講師

主催者白川かおり

最後に

理念は「オンラインで自分の可能性を信じて挑戦するひとり起業家を応援する」。きょうの感想は、志の高いみなさんと語り合い、いいつながりを持てたということが、これからの人生、とくに起業家としての宝になると感じました。私自身、あらためて枠に縛られていることにも気づけて良かったです。

x

The following two tabs change content below.

川井 道子

あんしん子育てコーチ
自身の子育てに悩んだ経験からコーチングを学び、約20年、講座やセッションなどでお母さんのサポートをしてきました。さらに、元々ライターでもあるので、その「好きで得意なこと」を生かして、個人起業家さんたちのライティングサポートもしています。今回は、ご縁があって白川かおり先生の講座の再現ルポに挑戦させていただきました。ちなみに私の理念は、「あんしん子育てを広めて幸せな親子をふやし、みんなで子育てを支え合う社会をつくる」です。これもかおり先生の理念講座でつくりました(笑)。みなさんにも、この講座をプチ体験していただけたなら幸いです。

最新記事 by 川井 道子 (全て見る)